仕入れ

店舗からの要望や前年データなどを考慮し、
旬の魚や安くて新鮮な魚を調達。

仕入れ

仕入れを行うバイヤーは、店舗での販売や加工経験を通じて豊富な魚の知識と目利きのスキルを身につけたスタッフが担当します。名古屋中央市場及び北部市場で丸忠グループが調達した豊富な鮮魚類の中から、店舗からのオーダー、前年の売上データ、その時期の旬の魚などさまざまな要素を検討して商品を仕入れます。仕入れた鮮魚は、独自の配送ネットワークにより迅速に店舗や加工工場へ届けられます。また、各店舗で独自の売り方をしたい場合は、店長や店舗スタッフが自ら市場へ出かけて仕入れを行うこともあります。
商品管理

徹底した衛生管理や温度管理で
新鮮で安心安全な商品をお客様に提供

商品管理

店舗内での商品管理は、商品の鮮度を保ち安心安全な商品を提供するために欠かせない業務です。店舗スタッフは食品安全衛生の基本的な知識を身につけたうえで業務を担当し、売り場や加工・調理場の衛生管理を行います。多くの店舗では商品をトレイに盛ったクラッシュアイスの上に乗せて陳列していますが、氷が溶けてきたらトレイを取り替えるなど温度管理も徹底しています。店舗スタッフは接客・販売や鮮魚の加工・調理を行うとともに、常に売り場や商品に目を配り状態を確認することで食の安心・安全を確保しています。
加工・調理

お客様のオーダーに応じた加工や
調理で商品の魅力をアップ

加工・調理

店舗では鮮魚をそのまま販売するだけでなく、お客様のオーダーに応じて内臓を取る下処理をしたり「三枚おろし」などの加工を行っています。また、大きな魚はお客様が買いやすいように切り身にしたり、刺身などに加工します。このほか家庭ですぐに食べられるように塩焼きや煮物、揚げ物として調理した商品も扱っており、「土用の丑」には「うなぎの蒲焼」といったように季節のイベントに合わせた調理をします。新人スタッフは、包丁の使い方から各種調理法まで店長や先輩からマンツーマンで学び、段階的にスキルを身につけていきます。
販売

お客様とのふれあいを大切にする
対面販売が鮮魚丸忠の最大の特徴

販売

鮮魚丸忠の最大の特徴は、お客様との対面販売。「この魚はどうやって食べるの?」「おいしい調理法は?」といったお客様の質問に答えたり旬の魚を提案するなど、常にお客様とのふれあいを大切にして販売しています。こうした「昔ながらの魚屋さん」の雰囲気に魅力を感じて、リピーターになるお客様も少なくありません。店舗スタッフにとっても、自分のお勧めした魚や調理法でお客様に満足していただき、後日「おいしかったよ」といった言葉をいただくのは何よりの喜び。そのために日々、接客スキルや魚の知識向上に努めています。

鮮魚丸忠で活躍する出世魚たち

「成長するにしたがって、名前が変わる魚が出世魚」その代表的な魚がブリです。ブリは成長するごとに脂がのり、とても美味しくなる魚です。また、漢字で書くと「鰤」。なんだか指導者っぽくないですか?それでは、稚魚からブリになった先輩たちの声を聞いてみましょう!

名鉄百貨店内 社員
山田 銀二(2018年入社)
学ぶ事が多くあり、大変ではありますが、優しい先輩方のサポートで頑張ることができます!身に付けた知識で、お客様へ商品をおすすめし、買って頂ける時が一番嬉しいです。
アピタ高蔵寺店 店長
長谷川文哉(2007年入社)
お客様、従業員と毎日楽しく会話をしながら仕事をしています。まだまだ知らないこともたくさんあり、魚に関する知識や技術を日々勉強しながら作業をしています。
アピタ千代田橋店 店長
岡島 匠平(2008年入社)
先輩から丁寧な魚の卸し方、調理方法などを教えて頂き、今では知識もつき、多くの種類の魚を捌く事ができます。まだ学ぶことも多いので、毎日が新鮮な気持ちで仕事ができています!
アピタ刈谷店 店長
鈴木孝直(2000年入社)
季節や産地によって魚の種類や呼び名が違ったり、捌けるようになると一尾一尾の違いまで分かります!続けることで奥深さや楽しみを知り、毎日市場から店に魚が届く事が楽しみです!
アピタ稲沢店 店長
今井淳二(1993年入社)
その日に市場から届いた新鮮な魚を調理、加工して毎日違った売場を自分で考えてつくることができるので、毎日新しいことを考えながら、楽しく仕事ができています。
アピタ木曽川店 店長
川崎友裕(2003年入社)
顔馴染みの常連さんが出来るとやりがいを感じます!遠くからわざわざ買いに来てくれて『ここで買うお魚は新鮮でいつも美味しいね!』と言われる事が嬉しいです!そう言われ続けられるように毎日仕事に励んでます!
アピタ稲沢店 社員
佐藤直也(2019年入社)
『やっぱり魚屋が好き』対面販売をしてますがやればやる程奥が深い!!魚を並べる角度や、大きく見える様に皿盛りしたり少しの工夫で売れ方も変わり面白いです!氷をこまめに変えて鮮度感にもこだわってます!前売りの一番の秘訣は『お客様と呼吸を合わせる事』魚屋の基本から一緒に学びましょう!!
名北エリア ブロック長
須原久智(2001年入社)
魚のことを何も知らなければ料理も出来なかったですが、やってみたら「やりがい」と「面白さ」がありました。ただ、魚は奥が深く、日々学ぶことも多く大変ですがそれ以上の「やりがい」と「面白さ」を感じながら充実した仕事ができています!
アピタ名古屋空港店 店長
大羽正記(2005年入社)
仕事は決して楽ではないですが自分の仕入れた魚、自分の捌いたお魚がお客様においしかったよ。と言ってもらえる事がなによりの楽しみです。
アピタ緑店 店長
土屋享司(1997年入社)
お魚屋には四季折々のイベントがあり、そこでどう売るか?いくら売るか挑戦して達成する事にやりがいを感じてます!ひな祭りでは、はまぐりや、手巻き寿司セットを土用の丑の日では、うなぎやしじみをお盆ではバーベキュー物や鮎の塩焼きを年末年始では、エビやカニ、刺身盛合せを一年通して飽きない。魚屋はそんな商いです!
アピタ緑店 社員
安積利行(2001年入社)
朝自ら市場に仕入れしに行き、目利きをした魚が売れた瞬間に魚屋としてやりがいを感じます!売り場にも気持ちをいれて派手に作り上げお客様に反応してもらえると嬉しいです!
新卒採用ページはこちら

MESSAGE
採用メッセージ

READ MORE

RECRUITING INFORMATION
募集要項

READ MORE